思い立ったからタイランド。22-A話目


 


注意!

このブログは30話完結型ブログの22-A話目である。以下の話を読んでない方は先にこちらからどうぞ。

 

 

昼のパタヤの散策を終えホテルに戻りシャワーでピン子をいつものようにお清めする。そしてベッドで寝転びながらBeeTalkアプリで近くにいるタイっ子をチェック。

ゴーゴーバーやバービアにはないピュアな一般のタイっ子口リを見てかわいいよおぉぉぉお!こんな子がいいよおぉぉお!と布団で悶えながら腰を振る。

 

 


うーん?200m離れた場所にいる15歳のこの子。どうなんだろ?マッサージ屋っぽいかも。

 

 

露出高いけど、これは素人なの?年齢は良い感じだが口リ口リ感は低い。こんなのではピン子様は満足なされないということでスルー。

 

 

ほう。100m離れた場所にこんなセクシー系のでちゅ。がいるのか。是非ともご一緒にディスコに行きミルクで乾杯したいのぅ。

 

昔も日本でも出会い系が流行ったもんだ。スタービーチとか懐かしい。そこからマジでJKと会って遊んでたな。てか自分自信が高校生1年生でちゅ。だったし。

 

東京駅にもスタービーチの巨大ポスターどでかく貼ってあって出会い系(メル友)の超絶ブーム到来が懐かしい。

現在では出会い系となると詐欺や犯罪の場といった感じで誰も利用しないしイメージも悪い。全詐欺確定状態。

 

 

おっ!この子いいね!後ろからピン子を背中に擦り付けて首元ハムハムして深呼吸したい。

 

 

うむ。すばらいい。口リは髪の毛から違う。肌のキメの細やかさ。まさに芸術である。

 

口リっ子をビートークで眺めてたら、いつしか太陽は沈み部屋は真っ暗になっていた。夜の変態パタヤの時間到来である。昼も変態、夜も変態なのがパタヤなのである。

 

 

昼間はゆったりと仕事をこなすソイ6のバービア嬢も、夜になると夜行性の猛獣のごとく息を荒げ獲物を狩るのである。

 

 

パタヤの便利すぎる交通手段ソンテウに乗り込み10Bバーツで昼間に散策したバービア軍へと向かう。

パタヤはバンコクのように莫大な交通費がかからないのも評価できる。変態紳士は常にエ口スと戦っているため移動時間といったロスタイムは極力避けなければならない。

 

 

ソイ1でソウテウを降りるとすぐに巨大なバービア軍が現れる。どうよこのバービア!外観からわくわくするでしょ?

ウォーキングストリートみたいに人で大混雑していない。パタヤの夜風を浴びながらタイっ子と静かに酒が飲めそうである。

 

モダンでどこかエ口ティックな佇まいのこの場所はドリンキングストリート(Drinking Street)という名のバービア軍である。

 


Googleマップで確認

場所は地図の上に方のにある赤○の場所。ソウテウなどでソイ1で降りドリンキングストリートは右手に見える。

 

 

さっそくこのバービア(ドリンクストリート)に突入する。

 

 

ふむ。ほぼ貸切状態ではないか。手前側の店はファラン客が15人くらいいて盛り上がっていたが少し奥に入ると客がまったくいない。

センサーで反応したかのようにタイっ子から声をかえられる。近くを通るとすごい勢いでウェルカムフィバーが巻き起こる。

 

1Bバーツは
3.6

これくらいハングリーなタイっ子が揃っていれば価格相場が低く100Bバーツの重みも違ってくるはずだ。例えばウォーキングストリートのゴーゴーバーやバンコクのゴーゴーバーでも100Bバーツのチップをあげても当然でしょ。といった感じで感謝はあまりされない。

しかし、ここのバービアくらい過疎ってたら100Bバーツの重みも当然違ってくるはずだ。同じパタヤでも物価は大きく異なるという事が予想できる。

 

 

ドリンキングストリートの建物は吹き抜け仕様で写真のようなコの字のカウンターが均等間隔でずらりと30店舗以上並んでいる。

口リコン重傷者であるえなねこの心に響く口リっ子はこの場所には存在しなかったが、あきらかにハイレベルなタイっ子がいるのを発見。

 

 

ハイレベルのタイっ子が在籍するバービアに着席。こんな子がいるのに客は0ゼロという寂しい状態。

あえずサンミゲルライト(ダイエットビール)を注文する。えなねこはビールは身体に悪いので基本飲まない。しかしタイに来た時はこのライトビールをよく注文する。

 

味も好きだしビールのように高カ口リーではなく、糖質が抑えられているので身体に負担をかけることなく飲めるので重宝している。ウイスキーは量が少なく、すぐに飲みきってしまうので、この2種で酒を楽しんでいる。

 

 

お通しとして豪華なフルーツとピーナッツのセットが無料でついてきた。食べる前に無料なのかを確認し、ありがたくいただく。

 

 

おわかりいただけただろうか。

 

写真を撮ると顔を隠してしまうこのタイっ子。えなねこはこの子が決めてとなりこのバービアを訪れたのである。 

「チミ!先ほどからオドオドして恥ずがり屋さんだねぇ。」

「(モジモジして頷く)」

ハイレベルのタイっ子にそう言うと店のママがこの子は昨日から仕事始めたばっかりなのよ。とアシストをする。

 

 

ほう。それは良い事を聞いたぞ。タイっ子なのに自我が弱くおどおどした感じの子は珍しい。つまりは希少種。

素人ちゃんに限りなく近い。この子とマクロスしたらなんでも言う事を聞いてくれそうだな。口リではないが、これは原石だ。ピン子様もお喜びになるかもしれんぞ。

 

 

次回変態紳士の餌食となる新人タイっ子をお楽しみください。 

 

つづきっ!
思い立ったからタイランド パタヤver. 22-B話

 

パタヤのホテル選びを100倍上手にする方法。

 

応援宜しくお願いします!にほんブログ村 大人の生活ブログ タイナイトライフ情報(ノンアダルト)へ

 

 

ピン子に溜まった毒素を吐き出しスッキリ爽快快適ライフを送りたい人は気になるところまで読めば良い。結局自分のニーズの年齢、若さがなければ満足はできない。

読めば良い。

 

 

 

えなねこのブログがもっと読みたい。
↑解決!

 



 

Count per Day
  • 59今日の閲覧数:
  • 291昨日の閲覧数:
  • 350月別閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です